くもり,ときどき はれ。
しばらく間があきました。
ガソリンスタンドラッシュで
特に土日はながーい車の列がありえないぐらい続いてたのが
嘘のようです。
ここ数日は もう どこを見ても むしろガラガラ。

計画停電もここ何日か 見送りで
1日自由に電気の心配をせずにいられるのが
不思議な感じがします。

そんなわけで我が家も 今にしておもえば
「やっとこなんとか」ガソリンを補給して
今週頭からは 母のところに車で いけています。
(電車も動いてないときがありました( ・Θ・);)

今週頭ぐらいから 母は ICUから 4人部屋に移りました。
徐々にさまざまな管も抜けて
今は 鼻に栄養剤補給用が1本。
嚥下の検査を一度したのですがまだうまくいかないので
食事は来週の再検査を経て それ次第です。

言葉はだいぶスムーズになりました。
幸い 手も足も 動いています。
ただ やはり記憶はまだ 曖昧で
毎日 同じことを同じタイミングで話します。
震災のあったことも やっとこ伝えたのですが
「神戸(親戚の家)に送らなくちゃ」
と阪神淡路大震災と まざっていたり
「昨日1泊家にしてきた」
とか 色々。

そうかと思うと
「地震は大変よね。生きてるだけでありがたいね」
とか 普通の話もします。

へんてこな話も まともな話も マイペースの母に比べると
私は いちいち 泣きそうになります。
昨日は 本当は立ち歩くときには必ず
看護士さんの介助が必要で 呼ばなければいけないのを知らずに
母が
「もう結構ひとりで いってるのよ」
というのを まともに受けて
トイレから出てベッドに行くとき 娘と二人で支えてしまい
「必ず呼んでくださいね。倒れると危ないので」
と怒られはしないものの 教えてもらってしまいました。
知らなかったということが なんだかとてもショックで
階段で5階の我が家に しゃきっと 訪れていたことを
思い出してまた 悲しくなってしまったり。

「アンビリバボー」なんかの 奇跡的に回復する人とかの
家族のふれあいを見てると やっぱり 前向きとか信じるとか
大事なんだなあって わかったような気になるけど
実際は 信じて やり続けるのって相当モチベーションもエネルギーも
満タンなんだなあと 
自分にはできるのかって不安になってしまいます。

今日も そんな母と 色々話をしたのですが
「友達は がんばって色んなお役(ボランティアの)してるのに
私は 自分のことばっかなんだよね」
と言ったら

「いいのよ。」
と すんなり。

「○○ちゃんは○○ちゃんで それをがんばってて
あなたはあなたの場所でがんばってるんだから」

それを横で聞いていた娘も
「そうそう。そうだよ」

母の頭の中は まだきっと もやもやの雲がたくさんかかってるのに
ちゃんと私の出口を見つけてくれて
くっきり導いてくれて
私はそれで 嬉しいのか なんだかわからない涙がザーザー。

今日が 何月何日かも わからないし
明日退院できるとか言ってるけど

病室に入った途端から 帰り際まで
自分のほうが大変なことになってるのに
カラダに気をつけろとか 無理しないで とか

1から100まで 親です。


今日は特に
まとまらない。

スポンサーサイト
プロフィール

yuetch

Author:yuetch
普通の毎日の中で
マイペースに
音や言葉を
紡いでいます。
はんどめいども
まったり楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード