考える速度。
前にも書いたかもしれないけれど
中三の国語の教科書の最初にあった
東山魁夷さんのエッセイ。
ゆっくり歩けば景色もゆっくりと目に入り、
車のように通り過ぎれば
一度にたくさん見られる一方で
見落とすこともまた多いというような
内容だったと思う。

因みに、本が好きだったこともあり、
毎年4月の最初に教科書が配られると、
国語のそれと道徳の副読本は
すぐ読んでしまっていた。

今ゆっくりと歩いていても
見落とすことがあるけれど、
全部が拾えるわけでないし、
ふと目にとまったあれこれを
同じように気にかけてる誰かがいることに
気づけることが嬉しい
今日この頃。

スポンサーサイト
プロフィール

yuetch

Author:yuetch
普通の毎日の中で
マイペースに
音や言葉を
紡いでいます。
はんどめいども
まったり楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード