今年もていねいに。
特別何かを訴えたい訳ではなくても、
置いた瞬間にある程度の何かを何処かに
放ち始めてしまうような気がして
責任感というよりは億劫に近い気持ちで
横目で見ていたこの場所。

今年も、半ば舌先三寸なめあてと共に
まったり暮らしていけたらと思っています。

今年は色々な流れが
日々を彩ったり揺らしたり。
既に始まっているもの、
これから流れ出すもの、
様々だけれど、
おおもとを辿れば、
もしかしたらそれらは自分も含め
すべて今日以前の何処かに同じ起点が
あったのかもしれません。

少なくとも自分そのものであったり、
私の隣をかすめていったり、
とにかくもう色んなものが。

同じ時間の中で絡むことはあっても
思考の中でそれらがもつれることのないよう、
気持ちをひとつずつ整えていくことが
今年の『ていねい』のひとつかも知れません。

そんなこと言ってるうちに
もう節分を過ぎてしまいました。

あせる気持ちを抑えつつ、
吸って吐いて。
セマイヒロバ。
席なら端っこ。
並ぶのもできれば端っこ。

寝るのも端っこ。
壁際に壁に向かって横たわると
ほっとする。

狭い狭いところに
心ごと押し込める。
これ以上ない程に
くいくいっと押し込めて

身うごきはできないくらいが
寛げるのだ。

圧に負けて
何かがぷしゅっと
弾けそうなキワキワが

今の私には
心地よい。

見渡しようのない
じんとシビれるような
ジブンノオトだけと過ごす
セマイヒロバ。
笑顔。
母が
笑顔だけになった。

それは
切ないことであり、
たまらないことである。

心配性で
ちょっと過干渉で(と思っていた)、
そんなところが
苦手だったけど、

今は何をしても
ニコニコ。
叱られない私になったのではなく、
叱らない母になっただけで、

そんなだけど、
ふと思い出したように
こまってないか
と言う。
ニコニコしながら。

笑顔だけになった
物足りないと思っていたけれど、
私とあなたの
心の接合点は
そんなに心地よいのですね。
プロフィール

yuetch

Author:yuetch
普通の毎日の中で
マイペースに
音や言葉を
紡いでいます。
はんどめいども
まったり楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード